toggle
地域の皆様に寄り添う医療を
2016-03-07

口腔ケア・口腔リハビリ ~食べられる口づくりを目指して~

高齢者の死亡原因第一位は肺炎です。体力の低下に伴う口腔機能の低下が原因です。黒岩恭子先生(歯科医師)は、従来の清潔を目的にする口腔ケアではなく、口腔機能の維持・回復を目指した独自の口腔ケアを考案され食べられる口づくりを目指し、くるリーナブラシ・モアブラシを開発されました。
今回、モアブラシによる誰にでも簡単にできる口腔ケア・口腔リハビリを教えて頂きます。皆さんもご一緒に体験し技術を身につけませんか。
           場 所:東近江敬愛病院 3階 会議室
           住 所:東近江市八日市東本町8-16
           日 時:平成28年3月30日(水) 午後1時00分~午後3時30分
                      (受付 午後12時30分~)
           費 用:1,000円(材料費)当日受付でお支払ください。
           持 参:タオル1枚
           対 象:介護・医療の現場に勤務される方・ご家族の皆様
           締 切:平成28年3月22日(火)
           定 員:先着 50名 (定員になり次第締め切りとさせていただきます)
           連絡先:東近江敬愛病院 看護部 上園
                        ℡(0748-22-2222)Fax(0748-22-2221)

  申し込み用紙はこちらをクリックしてください。

関連記事