toggle
地域の皆様に寄り添う医療を
2014-05-03

野田Dr. 自己紹介

  こんにちは。東近江敬愛病院診療部長の野田信一です。専門は循環器内科です。 当院に赴任をし、早いもので既に11年が過ぎました。今さらながらではありますが、今回は私の簡単な自己紹介をさせて頂きます。

  私は京都府城陽市と言う所の出身です。皆様、“城陽市”と言っても御存知ないと思いますが京都市と奈良市のちょうど中間に位置しています。中学・高校と毎日大仏様を拝みながら学び、その後京都府立医科大学へ進学いたしました。学生時代はテニス部等に所属していましたが、ケガが多く十分活動出来ず、少し心残りとなっております。元来、身体を動かすことは好きな方で、週に二・三度は軽いジョギングを欠かさず続けておりましたが、最近は忙しくてなかなか続けられておりません。

  大学卒業後、循環器を専門に京都・滋賀の病院に勤務しておりました。前任地の大津市民病院では、心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)等を中心に循環器疾患の超急性期~慢性期までの診断・治療を行っておりました。ご縁があって、平成15年4月より東近江敬愛病院の前身である山口病院に勤務することになり、現在に至っております。さらに平成25年4月より診療部長を拝命いたしております。

  当院には設備上、超急性期の循環器疾患はもとより、対応することは難しいですが、亜急性期・慢性期等の循環器疾患さらに腎臓病、呼吸器疾患、生活習慣病等々の患者様に対しても素早く、そして丁寧な医療を行って参りたいと考えております。

“敬愛病院なら、きっちり診てくれはりますなぁ” と患者様からも関係者からも言われますようにスタッフの皆様と力を合わせながら日々努めて行きたいと思っております。

関連記事