常勤医師紹介

加藤 修治

プロフィール

内科医長

加藤 修治 / カトウ シュウジ

担当科・部門
  • 糖尿病・代謝内科
  • 内科
  • 人工透析内科(昼夜間透析)
経歴・資格

日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医

ご挨拶

こんにちは。敬愛病院には平成24年から勤務している、内科医長の加藤です。内科、糖尿病・代謝内科を中心に外来、病棟業務に加えて、人工透析も担当しております。
私は愛知県で生まれ、滋賀医科大学を卒業しました。その後、京都と滋賀の病院や診療所で家庭医になるために研修をしました。そして、当時としては滋賀県で初の家庭医療専門医の資格を取得しました。家庭医というのは、かかりつけのお医者さんのようなもので、子供からお年寄りまで、内科だけでなく診療科目を問わずいろんな科を診て、その人だけでなく家族もその地域も継続して診ていく医者のことです。このように、何でも診て何でも相談できる一番身近な医者として、患者さんの病気だけでなく、様々な訴えや悩みについてもできるだけ対処しようと思っています。
私は、健康バカと言えるほど、健康に留意し、健康でいるためにできることを日々積極的に取り入れています。早寝早起きはもちろん、マラソンやトライアスロンの大会に向けての体力作り、ピラティスやストレッチなども取り入れて、いかに人が健康で長生きできるか日々考えています。
そのくせ、お酒は大好きでワインへの興味が高じてソムリエ協会の資格を取り、日々晩酌を楽しんでいます。
これからも、みなさんのかかりつけの医者となるべく、家庭医として地元を愛し、チャレンジ精神を大切にして、東近江の医療のために頑張っていきたいと思います。長いお付き合いになりますよう、よろしくお願いします。

TOPへ戻る