ご挨拶

理事長 挨拶

4年前から猛威を振るったコロナ感染もようやく落ち着きが見られ、わたくしどもの生活にも多少のゆとりが出てまいりました。ただこの間、世の中の生活スタイルにもいろいろと変化が見られております。
コロナ期間中は皆様に多大なご不自由をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。昨年9月よりは入院患者様とご家族様との面会を再開いたしました。患者様におかれましては健やかな入院生活が送れるようなったと思っております。
コロナ期間中、私共はどのようにしたら地域の人々が安心して暮らせる地域に根差した理想の病院運営を考えておりました。その一端とし昨年秋より動き始めたところであります。
今年は辰年であり、龍が水を得て昇天するような勢いで、経営理念である”敬天愛人”に向けてまいる所存であります。

医療法人敬愛会  理事長

                               間嶋 孝

院長 挨拶

新年あけましておめでとうございます。
皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きありがとうございます。
 
さて昨年ですが、5月に新型コロナウイルス感染症の扱いが感染症法上 5類に移行し、コロナ禍により停滞した社会が徐々に動き出した1年でありましたが、その分病院にとっては難しい舵取りが要求される1年でした。これまでは特定の病院のみで行われていた新型コロナウイルス感染症の入院治療が原則全ての病院で行われるようになりましたが、大病院とは異なり、私どものいわゆる中小病院では設備やマンパワーが限られた状況で、安全かつ安心して入院治療を受けていただくためには多くの労力や工夫が必要でした。加えて、コロナ診療以外の高齢者医療を中心とした当院の本来の役割も果たす必要があります。地域において困った時に少し相談してみようと思ってもらえる病院であり続けることは当院の大切な役割です。この1年ご利用いただいた皆様には十分満足いただけるものであったかはわかりませんが、職員みなで考えながら、よりよい医療を受けていただけるよう努力してまいりました。今後も、病院にとっては難しい状況が続くことが予想されますが、当院の役割を忘れず、地域の皆様のお役に立るよう医療を展開してまいります。

この数年は新型コロナウイルス感染症対策が大きな注目を集めましたが、医療業界においてはその他にも問題点がたくさんあります。超高齢化により患者数は増加が予想されますが、一方で生産年齢人口の減少による働き手不足は大きな問題です。物価高騰は病院経営にも影響を与えます。そういった多くの課題を抱えながらも、当院が地域で必要とされる役割を果たすために、常に変化を恐れず前に進む姿勢を大切にしたいと考えております。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

    東近江敬愛病院  院長

                               間嶋 淳

TOPへ戻る