ご挨拶

理事長 挨拶

皆様 当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

未曽有のウィルスにより全世界が大変な被害を受け、人々の暮らしにも様々な影響が出ております。当院に於きましても、一層の感染対策に重点を置きつつ運営しておりますが、流通不全により医療品の高騰や物不足などもあり、職員の努力に支えられています。コロナを乗り越え全世界に一日も早く平穏な日々が訪れる事を熱望しております。

昨年11月には日本医療機能評価機構の訪問審査を受審致し、認定をいただくことができました。今回の認定により、当院における医療の質が一定水準にあると保障されたことになりますが、私たちはその評価内容を真摯に受け止め、今後もさらなる医療の質の向上に努めてまいる所存です。

今年度もコロナワクチンの接種を実施していきます。当院と致しましては、地域の皆様の御要望にできる限りお応えできるように、病院に於いての集団接種に協力していきたいと思います。

最後に、どのような局面に於きましても「患者ファースト」を貫き、経営理念である「敬天愛人」の精神を職員全員で持ち続けたいと考えております。
宜しくお願い申し上げます。

医療法人敬愛会  理事長

                               間嶋 孝

院長 挨拶

「あなたの困ったに応えられる病院でありたい」

皆さま、当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
さて、似たような顔だけどえらく若返ったとお気づきの方もおられると思います。令和4年4月より院長として当院に赴任することになりました間嶋淳と申します。前院長の息子になります。

私はこれまでいわゆる地域の中核病院という規模の大きな病院に勤務してきました。当院規模の病院に勤務するのは初めてです。皆様の中には、何をするにしても大きな病院の方が安心と感じられる方もおられるかもしれませんが、病院は規模が大きければ良いというものではなく、それぞれが得意な領域で力を発揮しながら、お互いが協力して地域医療を支えていくという形が望ましいと考えています。これまでの私の経験を生かし、当院ならではの良さを生かし、近隣の医療機関と協力しながら安心して生活できる地域作りに貢献したいと思っています。

従来医療をとりまく環境は大きく変化し続けていましたが、そこに約2年前からコロナ禍が加わり、1年後の見通しさえ全くつかない状況になっています。そういった厳しい中ですが、患者さんの思いに耳を傾け、職員で意見を出し合い、この地域に根ざした“あなたの困ったに応えられる病院”であれるよう職員一同努力いたしますので、今後ともご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

    東近江敬愛病院  院長

                               間嶋 淳

TOPへ戻る