toggle
地域の皆様に寄り添う医療を

医療安全委員会

<目的>
医療事故の予防・再発防止対策並びに発生時の適切な対応等、当院における医療安全体制を確立し、
適切かつ安全で質の高い医療サービスが提供できることを目的とする。

<構成員>
病院管理者(院長) 委員長(新庄副院長) 医療安全管理者(西塚看護師長)
医薬品安全管理者(片岡薬剤師主任) 医療機器安全管理者(中江臨床工学士主任)
事務管理 看護管理 病棟・外来・透析師長
医療技術科・栄養管理科・リハビリ科・医事課・介護部門・地域連携室の代表者
計22名で構成

委員会は毎月1回、第2金曜日に開催している

<業務内容>
病院における医療事故の防止及び医療の安全性の向上に関する体制の強化を図る。
1、インシデント・アクシデントの収集・調査・分析に関する事
2、医療事故防止対策の立案と周知に関する事
3、医療事故防止に係る院内ラウンドの実施
4、医療事故防止に係る院内研修の実施
5、医療事故防止対策マニュアルの作成(改訂を含む)

< 医療安全管理の指針 >
本指針は、東近江敬愛病院における医療安全管理体制の確立、医療安全管理のための具体的方策及び医療事故発生時の対応方法等について、指針を示すことにより適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資することを目的とする。

医療安全管理に関する基本的考え方
第1)医療安全は医療の質に関わる重要な課題であり、安全な医療の提供は医療の基本となるものである。各部門及び職員個人が、医療安全の必要性・重要性を部門及び自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要である。このため、医療事故防止対策委員会及び医療安全管理室を設置して医療安全管理体制を確立するとともに、医療内容の向上及び医療安全対策等に関する規程を作成する。また、インシ・アクシデント事例及び医療事故の評価分析により規程等の定期的な見直し等を行い、医療安全管理の強化充実を図る。

医療安全管理に係る体制確保のための組織等
第2)当院の安全管理体制の確保及び推進のため、次に掲げる組織、人員等を配置し、別途規程等に定める。
(1)医療事故防止対策委員会
(2)医療安全管理室
①医療安全管理者
②医薬品安全管理責任者
③医療機器安全管理責任者

医療安全管理に係る職員研修の基本方針
第3) 医療事故防止マニュアルを策定し職員へ周知するとともに、安全管理に関する組織的な研修を計画的に実施する。

医療事故等の報告及び改善策の立案
第4) 医療に係る安全管理の確保のために、患者に実害のない事例も含めて広く医療事故報告を収集し、調査・分析に基づく改善策の策定及びその実施状況の評価を行なう。

医療事故発生時の対応
第5) 医療事故が発生した場合には、患者に対しては医療上最善の処置を行うとともに、状況の悪化に直ちに対応できる体制を整備する。また、患者・家族等に対しては、誠実に速やかな事実の説明を行う。重大な医療過誤が発生した場合は、現場当事者のみならず病院全体が組織として対応する。

当該指針の閲覧
第6) 本指針については、病院ホームページに掲載するものとし、また、患者・家族等から閲覧の求めがあった場合には、これに応じるものとする。

患者相談に関する基本方針
第7) 患者やその家族からの苦情及び相談については、相談窓口を設置し、医療内容に関するもの、入退院・医療福祉に関するもの、及びその他の苦情・相談に関するものについて、それぞれ 体制を整備し適切に対応する。

研修
第8)個々の職員の安全に対する意識、安全に業務を遂行するための技能やチームの一員としての意識の向上等を図る為、医療に係る安全管理のための基本的考え方及び具体的方策について、職員に対して研修を行う。
(1)医療全体に共通する安全管理に関する内容とする。
(2)年2回、計画的に実施する。
全員が参加出来るよう研修内容の検討や同一内容の複数回実施、開催時刻や開催曜日の設定の工夫、計画的なインフォメーションによる周知徹底を図る。
(3)院内で業務する、外部委託職員も積極的に参加出来る様にする。

その他
第9) 医療安全の推進のため、医療事故防止マニュアル及び改善策の見直しを継続して行い、改正内容については、職員への周知徹底を速やかに行なう。
他の医療機関等の安全対策や医療事故等の有用な情報収集を行うとともに、医療安全対策の推進を図る。

附 則
この指針は、平成28年3月1日から施行する。
東近江敬愛病院 医療事故防止対策