toggle
地域の皆様に寄り添う医療を

病院感染防止対策委員会

院内感染対策に関する基本方針・指針
1)院内感染対策に関する基本方針
院内感染の防止に留意し、感染発生の際にはその原因のすみやかな特定、制圧、終息を図ることは、医療提供施設にとって重要であり、安心・安全な医療提供の基盤となるものである。院内感染防止対策を全職員が把握し、指針に沿った医療が提供できるようにする。

2)委員会等の組織に関する基本的事項
病院で定める「病院感染防止対策委員会規定」に基づき、各部門代表を構成員とする院内感染対策委員会を設置し、毎月1回定期的に会議を開催し、院内感染対策に関する事項を検討する。
緊急時は、臨時会議を開催する。
又、感染防止対策の実務を行う感染対策チーム(ICT)を組織する。
ICTは毎月の委員会と毎週院内のラウンドを実施し、病院感染防止対策委員会で報告する。又、ラウンド結果から分析を行い、問題点の改善策を講じる。
なお病院感染対策委員会とICTは定期的に「院内感染防止対策マニュアル」の改訂を行う。

3)職員研修
院内感染対策の基本的な考え方及び具体的な方策について全職員に周知徹底を図る事を目的に研修を実施する。
全職員を対象に年2回計画的に実施する他に、新入職員を対象に研修を行う。
職員全員が参加できるよう研修内容の検討や同一内容の複数回実施、開催時刻や開催曜日の設定の工夫、計画的なインフォメーションによる周知徹底を図る。

4)院内感染発生状況の把握と情報公開
法令に定められた感染症届出の他、院内における各種培養の陽性菌やMRSA等の薬剤耐性菌の情報を「感染情報レポート」として毎月の病院感染防止対策委員会で各委員に配布し、
全職員へ情報提供をする。
感染防止対策チーム(ICT)での検討及び現場へのフィードバックを実施する。

5)院内感染発生時対応
患者及び職員で感染症の発生又は疑われる場合、感染防止対策チーム(ICT)は詳細の把握に努め、対策立案とその実施介入により、速やかな原因究明と改善策を講じる。
又、必要に応じ、通常時から協力関係にある地域の他医療機関や保健所と速やかに連携する。

6)職員の職業感染防止
予防可能な職業感染を防止するため、ワクチン接種の奨励・費用の補助や必要な器材の導入等を立案し推進する。

この指針は平成30年5月1日から施行する。

東近江敬愛病院 病院感染防止対策委員会