toggle
地域の皆様に寄り添う医療を
東近江敬愛病院ホームページ

院長より皆様へ

 

新年明けましておめでとうございます。

 皆様方におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。 旧年中は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。2020年もより一層のご支持を賜りますよう、職員一同心よりお願い申し上げます。

 さて、今年は「子年」です。ねずみ年は繁栄の年でもあります。経済だけでなく「東京オリンピック」などにより、日本も盛り上がることと思われます。 敬愛会におきましては、本年11月に「日本医療機能評価機構」の審査を受審予定でございます。昨年より委員会等を立上げ、受審への準備を進めておりますが、「子年」にあやかり発展の年でありたいと願っております。

 東近江圏域の高齢化率は、2017年 26.5%、2025年 28.9%と全国水準を上回り、一方東近江市の人口は漸減しております。独居世帯の増加も認められます。高齢化の急激な進展により医療の質の変化が社会問題となっております。しかし、医療の主役は患者様です。医療法人敬愛会は、本質である“患者様に信頼される病院”を目指し、本年度も良質の医療の提供と患者サービスに努める所存です。

 基本的な考え方は、敬愛会の理念・方針に沿った、患者様・利用者様中心の医療・介護の実践です。その上で、経営と向き合い、経営基盤の確立に努めたいと考えております。

 皆様方におかれましては、本年度もより一層の御指導・御鞭撻を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 本年も宜しくお願い致します。

 

医療法人敬愛会 理事長

東近江敬愛病院 院長

間嶋 孝