toggle
地域の皆様に寄り添う医療を
2019-08-07

診療情報の開示をご希望の患者様へ

個人情報保護の為、下記の所定の手続きにより、法令および当院の規定に基づき、審議した上で診療情報の開示を致します。

1.   開示の範囲

診療記録、看護記録、処方箋、検査記録および検査結果報告書、エックス線写真等、診療を目的として当院が作成又は取得した記録。

2.   開示を申請できる方

原則として、患者様ご本人です。 患者様ご本人が自己判断できないまたは身体的要因で申請手続きが出来ない状態、未成年、死亡している場合につきましては、ご相談下さい。また、場合により代理人にも開示致します。

3.   開示手続きに必要なもの

診療情報開示請求書(当院指定)・・・1階受付窓口へお声掛け下さい。

身分証明書(運転免許証、パスポート、住民票など)

・死亡されている方の開示請求に関しましては、身分証明書の他に患者様との関係を証明できるものをご用意下さい。(戸籍謄本など)

・手続きに要した書類準備などに係わる費用は、申請者様のご負担となります。

・手続きに必要なものに不備がございますと、申請をお受け出来ません。

・手続きで提出された書類は一切返却できません。あらかじめご了承下さい。

・代理人(死亡された方の開示以外)の申請手続きは原則的として出来ませんが、身分証明書、患者様との関係を証明できるもの(戸籍謄本など)、患者様ご本人自署による委任状または同意書があれば、手続き許可を審議いたします。

 

4.   開示方法

主に印刷物、写し、閲覧のいずれかにより行いますが、診療記録の医師の立ち会いのもとの説明が必要な場合はご相談ください。

申請後、審議を行った結果は受付日から原則14日以内に開示の可否および開示日程を申請者へご連絡いたします。

5.   開示に関わる費用

診療記録等の開示に対し、次のとおり料金(消費税別)を定めています。

診療記録複写代 1枚につき22円

CD-ROM(画像取り込み)1枚につき100円

要約書交付料(希望の場合) 5400円

 

6.   開示できない場合があります

次に該当する場合は、開示できませんのでご了承ください。

(1)開示申請者を身分証明で確認ができない場合

(2)治療効果等や心身の状態への悪影響が予想される場合

(3)患者本人に告知していない病名等が記載されている場合(部分不開示)

(4)患者本人が生前または診療中において不開示の意思を表明している場合

(5)他院など、第三者から得た情報が含まれており、当該第三者の了解が得られない場合(部分不開示)

(6)家族、医療従事者および関係者の権利、利益を損なう恐れがある場合

(7)未成年患者の法定代理人による請求がされた場合、提供することが当該未成年患者の利益を損なう場合

(8)その他開示を不適当とする事由があると病院長が認める場合

7.   開示窓口

情報提供への対応についてのご問い合わせ等ありましたら、下記窓口までお申し出ください。

医療法人敬愛会 東近江敬愛病院 医事課 診療情報管理室(1階受付)

連絡先 : 0748-22-2222

    開示の受付 : 土日祭日を除く9:00-17:00

関連記事